さいたま市で新築を一戸建て住宅を建てる場合の注意点

さいたま市の特徴を知ろう

さいたま市は埼玉県の県庁所在地になりますが、もともとは複数の市町村から成り立っていました。複数の市町村を2000年に合併して現在のさいたま市に名前が変わったのです。それゆえ同じさいたま市でも様々な特徴があります。一番人気があるエリアは京浜東北線沿いや国道17号沿いになります。ここは昔の浦和市や大宮市、与野市があったところで、現在埼玉県の中でも一番栄えているところということができるでしょう。一方で、現在の桜区や緑区、見沼区などは田園などの自然が残されています。同じさいたま市でも、中心部と東西のエリアでは全く雰囲気が違います。住宅を建てる場合にもその点を注意して場所を選ぶことが重要になります。

通勤を重視するならば中心地がよい

もし東京に通勤をしたい場合、一番早く行く方法は京浜東北線や湘南新宿ラインなどを利用することです。つまり、さいたま市の大宮区や浦和区などに住む必要があるでしょう。これらの地域は人気があるところですので、新築一戸建て住宅を建てる場合はそれなりの費用がかかります。およその目安ですが、駅から徒歩10分で100平方メートルの土地に2階建ての土地に2階建ての住宅を建てると4500万円から5000万円ぐらいすると考えておけばよいでしょう。

逆に緑区や見沼区、桜区といったところは同じくらいの面積で2500万円から3000万円の費用で建てることが可能になります。このように、同じさいたま市でも全く土地の値段が異なりますので、注意をしましょう。

さいたま市の新築一戸建ては、良好な周辺環境に恵まれていることや、都市部への交通アクセスが優れていることが特徴です。