一戸建て住宅の資産価値について考えておきたい

一戸建て住宅を購入する時の価値は?

一戸建て住宅を購入する場合には、その価値に重点を置いている人も少なくありません。なぜ、そのようなことを考えるのでしょうか。その理由は、投資として考えているからです。普通の会社員は、投資について興味を持っていない人が多いですが、最近は会社員の給料や自営業者の売り上げだけでは苦しい家庭が多くなってきました。そこで、投資をするという考え方を持っている人が少しずつ増えてきているのです。一戸建て住宅を建築したり、購入したりする世代に関しては、20代後半から40代前半になりますので、その人たちはちょうど不景気の時に会社に入社したり、会社を立ち上げています。景気の良かった時代を知らないことも投資を始めるきっかけになったのかもしれませんね。住宅の投資としての価値は、ほぼ土地で決まります。そこに住むのであれば、建物は劣化していきますので、年々資産価値が減少していきます。ですが、土地の価値は、時期によって異なりますので、今購入しておけば、10年後には地価が上昇することもあり得なくないのです。

どのような土地を購入するべきか

では、一戸建て住宅を購入する場合には、どのような土地を購入するべきでしょうか。土地の場所についてはなかなか予想しにくいですが、少なくとも向こう10年で地価が上昇する可能性があるのは、東京周辺の沿岸部や、23区の山の手のあたりです。また、横浜や名古屋、大阪の中心部なども土地の値段が上がる傾向にあります。この地域を狙うのであれば、ある程度金額がかかってしまいますが、その点は覚悟する必要があります。

住宅に対してこだわりを持っているならば、練馬区の一戸建てがおすすめです。注文住宅の建築を請け負っている業者がたくさん存在していますので、選択肢が豊富です。