敷金とは?!賃貸物件を借りる際に必要な支出

家賃以外にも必要な敷金

賃貸物件を借りようする場合には仲介業者で申込手続きをおこないます。その場合には契約内容についていろいろと説明を受けて必要な費用を支払うことで契約が成立することになります。基本的に賃貸物件の家賃は前払いになるために契約の際には入居前には翌月分の家賃も併せて前家賃として支払うことになります。そのため家賃だけを考えれば入居月の家賃と翌月分の家賃を併せて2か月分を支払うことになりますが、家賃以外にも敷金等といったものも支払うことが多いです。

敷金は支払いの際に消費される費用ではない

個人の賃貸物件の場合には敷金は家賃の1か月分であることが多いです。そのために契約時に支払う費用としては家賃の3カ月分になります。一時的に多額の出費になります。そのうち家賃は当然賃貸物件を借りるための料金として消費されることになります。しかし敷金は支払いと同時に消費されるものではないのです。敷金は経理の勘定科目としては敷金として資産計上されます。つまり敷金は経費ではなく、資産として残ることになります。

預け入れる敷金が持つ意味

賃貸物件を退去する場合には基本的に敷金は借主に返金されることになります。ということは敷金の意味としては、契約中に借主が家賃を支払えない状況になった場合に敷金を家賃分として充当することに利用します。また退去する際に使用した部屋が汚れた場合には部屋の修繕が必要になる場合もあります。その場合には修繕費用を借主に負担してもらうことになりますが、その費用を借主から確実にもらえる方法として敷金と相殺して返還することができるのです。敷金には貸主側にとって支払ってもらえないというリスクを避けることができる効果が期待できるのです。

新札幌の賃貸に対する関心が集まっています。利便性が高いために暮らしやすいと大好評ですから、価格などの詳細を確認してから物件を選ぶことが大事です。