一戸建てとマンションのリフォームは違うの?

マンション独特の管理規約があります!!

マンションのリフォームの場合は、一戸建てと比較して制約があります。マンションには、管理規約があり共有部分と専有部分があり簡単に言うと専有部分のみがリフォームができます。ただし、その専有部分も一般的解釈では疑問に思うかも知れなしい玄関やベランダ、サッシなども共有部分になっている為、一戸建てのリフォームからすると理解できない部分があります。専有部分とは部屋の中の事を言いますが、その中でもコンクリートの柱などはリフォームはできません、柱の位置を変更すれば、マンション自体の耐震性にも関わってきますので、リフォームができないことになっています。

一戸建てとのリフォームの比較!!

一戸建てでも住んでいる地域に用途地域が設定されていて、法律で決まっている制約があります。しかしほとんどの場合は一戸建ての場合は問題なくリフォームができるはずです。しかし、マンションの場合はマンション独自の制約がある場合がなかにはあります。専有部分の制約もマンションごとに決まりがあり、リフォームをするときの障害になることがかなりあります。自分の住んでいるマンションの管理規約を、細部に渡って理解していないと後になって後悔するような事態になるかもしれません。

実施にマンションのでのリフォームで大切なこと!!

マンションの場合は一戸建てと異なり一つの大きな建物の中に住人が済んでい入る為、リフォームをする時などは、工事の騒音などが隣り合わせの為問題になります。事前に左右上下の住人の承諾と挨拶を事前にしておかないと、工事中に問題になったりして工事が中断したことで工事期間が長くなり費用もかかさんでしまったりします。何より近所の住民に迷惑をかけてしまう可能性があります。マンションのリフォームの場合は管理規約に違反してないか、ご近所さんに挨拶をしているかなど注意が必要になります。

マンションリフォームを千葉で申し込みたいなら、数多くの業者が存在していますから注意が必要です。まずは見積もりをお願いして、費用や工期を比較しましょう。